「ホワイトボードパーテーション」

大阪市内のホテル様で「ホワイトボードパーテーションをご利用いただきました。
1台のサイズは幅1800mm×高さ1890mmです。

ホワイトボードパーテーションは、「パーテーション本体」「ポール」「キャスターパーテーション」「サポート棒」に分かれています。

写真は9台分を組み立てる前の写真です。
1台設営するのに一人では、約5分で組み立てることが出来ます。

パーテーションとポール
組み立てる前のホワイトボードパーテーションです。

9台完成した写真です!
組立てても割とコンパクトに置いておくことが出来ます。

キャスターパーテーション
完成したものを重ねて置いておくことが出来ます。

ホワイトボードパーテーションと一緒にマーカーセットもご用意出来ますので、ご利用の際はお申し付けください。

マーカーセット
マーカーセット一式です。

ホワイトボードパーテーションは組立式のため、エレベーターでの移動が可能です。

今回は横向きで使う「横置き」でご利用いただきましたが、「ホワイトボードパーテーション」は「横置き」だけではなく、キャスターを使用しない「縦置き」でもご利用いただけます。

今回、設営(組立)は弊社スタッフが致しましたが、撤去(解体)はお客様でされました。
弊社では「商品の搬入搬出」と「商品の設営(組立)撤去(解体)」の費用に分かれておりますので、段取りやご予算に合わせてご利用くださいませ。
また、弊社までパーテーションパネルを取りにご来店いただけましたら、商品代金のみでレンタルしていただけます。

他にも色々な「種類」と「サイズ」のパーテーションパネルを取り揃えておりますので、ぜひホームページをご覧ください。パーテーションパネル以外の「イベント用品」も取り揃えております。

最後までご覧いただきありがとうございました!

案内板のご紹介

皆さんお久しぶりです!サワムラレンタルの和多田です。

ここ最近、おかげさまで特に忙しく、久々の更新となってしまいました…(汗)

今回は皆さんへ「案内板」をご紹介したいと思います。

弊社では大小2つのサイズの案内板をご用意しています。

案内板の写真
横幅が30cmのものと60cmのものになります。縦はどちらも90cmです

展示会場やポスターセッション会場、就職説明会等の出入り口でぜひご利用ください。

また、左右のポールの長さを変えることで高さを変更することもできます。

案内板の写真

いかがでしょうか。ぜひご利用お待ちしています!

ホームページはこちらから→

ポスターセッション~パーテーション1890~

みなさんこんにちは!和多田です。秋空高く、さわやかな季節になりましたね。

今回は定番サイズ、縦180cm×横90cmのパーテーションをポスターセッションでご利用いただきました。

体育館の床に傷がつかないように、シートを敷いた上にベースを置き、ポールを差し込んでいきます。

※本日の写真は照明の関係ですべて緑がかっていますが、悪しからず…(汗

ベースの写真
パーテーションの間隔にあわせてベースを置いていきます。

次に台車に積んだパネル本体を搬入し設営していきます。

パネルの写真
連結させて組んでいきます。

完成した写真がこちらです!

パネルの写真

このパーテーションはAOサイズのポスターをピッタリ貼れます!

※写真は高さ210cmのパネルになります。

ぜひ、ご利用お待ちしております!

ホームページはこちらよりどうぞ。

大阪市内にパーテーションの設営に行かせていただきました

皆さん、こんにんちは!
スタッフの和多田です。
今回は、パーテーションの設営に行かせていただいた時の流れをご紹介していきたいと思います。

今回はパーテーションパネル1590を縦置きでご利用いただきました。

台車
設営に必要なポールとベースです。
台車
木箱の中にベースを入れています。

ポールとベースの数を見て、多いな~と感じた方もおられるのではないでしょうか?
そうなんです!今回は195枚のパネルをご利用いただきました!
195枚を設営しようとすると、ポールやベースも多く必要になってきます。

パネルと台車
会場に物品を搬入しました。

パーテーションを設営するにはまず、ポールとベースを組み立てます。

ベースとポール
パーテーションの幅に合わせて置いていきます。
パネルと連結
組み立てたポールにパーテーションをはめていきます。

組み立てたポールにパーテーションをはめていきます。
今回は3連結のパーテーションを設営しました。

パイプイスなどパーテーション以外にも様々な商品を取りそろえておりますので、興味を持たれた方は弊社のホームページをご確認ください!

最後までご覧いただきありがとうございました。

「パーテーション1890」

大阪府下の学校様で「パーテーション1890」をご利用いただきました。
パーテーション1枚のサイズは幅900mm×高さ1800mmです。

2tトラックから「パーテーション1890」を降ろしている写真です。

荷物を降ろす写真
弊社で一番大きいトラックでお伺いしました

トラックの荷台はこのよう

な感じです。

トラックの荷台の写真
パーテーションをおろすととても広々としています。

 

トラックから降ろしこれから建物内に搬入する所です。

搬入中の写真
カゴ車一台に30枚積むことができます。

今回パーテーションを立てる場所の写真です。
パネル設置会場の写真大きく、落ち着いた雰囲気の会場です

「パーテーション1890」は3つの部品を組立てて1枚ができあがります。
土台になる「ベース」支柱になる「ポール」、それから「パーテーション本体」です。

まず「パーテーション1890」を立てたい場所に「ベース」を置きます。

設営中の写真
パーテーションの幅に合わせてベースをおいていきます

そして次に「ポール」を「ベース」に差していきます。

設営中の写真
ポールを差しこみ、少し回すと固定完了です

「ポール」に「パーテーション本体」をパチンとはめれば完成です。

設営中の写真
今回はポスターセッションとのことでポスターナンバーも貼っています

 

支柱の真ん中に見える突起物は「ポスターセッション用画鋲カップ」です。
中に「ダルマ画鋲」が入っています。

設営中の写真
画鋲カップがあれば作業効率を格段に向上させることが出来ます

今回ご利用いただきました
「パーテーション1890」は「縦置き」だけではなく「横置き」でもご利用いただけます。
他にも色々な「種類」と「サイズ」のパーテーションを取り揃えておりますので
ぜひホームページをご覧ください。

パーテーション以外の「イベント用品も取り揃えております。

またのご利用をお待ちしております!

「黒パーテーション2190」

大阪府下の施設様で「黒パーテーション2190」をご利用いただきました。
パーテーション1枚のサイズは幅900mm×高さ2100mmです。
3つの部品を組立てて1枚ができあがります。
土台になる「ベース」支柱になる「ポール」あと「パーテーション本体」です。

組立てる前の木箱に入った「ベース」の写真です。

ベースの収納写真
SAWAMURAのロゴ入り木箱です♪

次は組立てる前の台車にのっている「パーテーション本体」です。

台車にパネルを載せた写真
1台の台車には最大30枚のパーテーションを乗せることができます。

まず黒パーテーションを立てたい場所に「ベース」を置きます。

ベースをおいた写真
パーテーションの幅によってパーテーションの間隔も異なります。

そして次に「ポール」を「ベース」に差していきます。
見えにくいですが、写真奥に差した状態の「ポール」があります。
写真手前に「ベース」に差す前の「ポール」が置いてあります。

ポールを差し込んだ写真
ポールは上からはめて回すと固定される仕組みです

「ポール」に「パーテーション本体」をパチンとはめれば完成です。

黒パネルの写真
パーテーションについているフックをポールにはめ込みます

1枚でも自立しますが、今回は2枚以上をくっつける「連結」でご利用いただきました。

黒パネルの写真
連結は真っ直ぐだけでなく、角度の調整も出来ます

弊社のパーテーションはすべて「縦置き」だけではなく「横置き」でもご利用いただけます。
他にも色々な「種類」と「サイズ」のパーテーションを取り揃えておりますので
ぜひホームページをご覧ください。

パーテーション以外の「イベント用品」も取り揃えております。

またのご利用をお待ちしております!

「白板マグネットパネルキャスター1890」

大阪府下の施設様で「白板マグネットパネルキャスター1890」をご利用いただきました。
サイズは幅1800mm×高さ1890mm・キャスターの奥行の長さ600mm×幅58.5mmです。
7つの部品を組立てて1台ができあがります。
「キャスター」2個「ポール」2本「白板マグネットパネル」1枚「補助棒」2本です。

組立て前の写真です。

ホワイトボードを組み立てる写真
ホワイトボードのパーツです。ここから組み立てていきます。

「キャスター」の部品に支柱になる「ポール」を差します。

ホワイトボードを組み立てる写真
はじめにポールにキャスターを取り付けます

できた「キャスター&ポール」2本のうち片側1本を本体部品の「白板マグネットパネル」にパチンとはめます。

ホワイトボードを組み立てる写真
ポールを1本さしたところです

反対側にも「キャスター&ポール」をパチンとはめます。

ホワイトボードを組み立てる写真
もう片方にもポールをさし込みます

最後に両側のキャスターをつなぐ「補助棒」を差し込みます。
差し込んだ後、「白板マグネットパネル」の上部に付いている「落下防止金具」を「ポール」の上部に引っ掛けてネジで固定すれば完成です。

ホワイトボードを組み立てる写真
補助棒はポール同士を繋ぎ安定させる役割があります
ホワイトボードを組み立てる写真
完成するとこのようになります。

従来からあるホワイトボードはフロアを移動する際に「エレベーターにのらない」など移動に不便な場合もございましたが、
弊社のホワイトボード(白板マグネットパネルキャスター1890)は組立式のため、エレベーターにものせる事ができます。

今回ご利用いただきました
「白板マグネットパネルキャスター1890」は「横置き」だけではなく「縦置き」でもご利用いただけます。
他にも色々な「種類」と「サイズ」のパーテーションパネルを取り揃えておりますので
ぜひホームページをご覧ください。パーテーションパネル以外の「イベント用品」も取り揃えております。

またのご利用をお待ちしております!

「パーテーションパネル1890の横置き」

京都府下の施設様で「パーテーションパネル1890」をご利用いただきました。
パネルの向きは「縦置き」と「横置き」の2通りありますが、
今回はパネルを「横置きでご利用いただきました。
高さ1800mmのポール(支柱)を使用しておりますので、パネルの下は空いております。

1ブースをパネル3枚で設営しました。
各ブースには幅1800mm×奥行600mm×高さ700mmの「長テーブル1860」に「テーブルクロス」をかけた物もご用意させていただきました。

パネル横置きの写真
パネルを横置きにして使用しています
横置きパネルの写真
ブースを連続して設営する形です
横置きパネルの写真
違う角度から見た様子です
横置きパネルの写真
横置きパネルは落下防止金具がついているので安全です

そして各ブースに来られる企業様にご使用していただけるように
「ピクチャーハンガー」もご用意させていただきました。
パネルの上部に取付けてワイヤーで展示したい物を吊るします。

ピクチャーハンガーの写真
パネルとセットでご使用頂くと便利です

イベント前日にパネルは屋内で設営しましたが、イベント当日に屋外で受付を行うためのテントを張ります。

テントの下で使用するテーブルを前日のうちにテーブルクロスをかけて準備しました。
意外に時間がかかってしまいます。

テーブルにテーブルクロスを書けた写真
テーブルクロスをかけることで、落ち着いた雰囲気を演出できます

イベント当日朝1番でテントの設営をしました。
良い天気になり良かったです。

受付の写真
受付の様子です
受付の写真
全体はこのようになっています

今回ご利用いただきました「パーテーションパネル1890」の1枚のサイズは高さ1800mm×幅900mmです。
他にも色々な「種類」と「サイズ」のパーテーションパネルを取り揃えております!

またのご利用をお待ちしております。

イベント用品のページはこちら→

パネル用品のホームページはこちら→

ぜひご覧ください!

「パーテーションパネル2190」を静岡県浜松市内でご利用いただきました。

パネルの幅に合わせて置いていきます今回は大阪から静岡県浜松市内へ搬入と設営に行ってきました。
弊社から浜松市内まで距離253km約4時間です。
安全運転を心がけて行ってきました。
高速道路の浜名湖サービスエリアで休憩です♪

サービスエリアに駐車している写真
事故防止のためにも休憩は大切ですね

そして浜松市内の施設の搬入口に無事到着しました。

会場に到着した車の写真
長いドライブも終了。ここからが頑張りどきです!

車から持参したパネル専用台車に「パネル本体」「ポール」を乗せ替えた写真です。
「ベース」は手で押す台車に乗せました。

車からパネルを下した写真
車からパネルや、ポール、ベースを下ろしました

パネル専用台車には一度に25枚のパネルを乗せる事ができます。
今回はちょうど25枚ご注文いただいておりましたので1台に乗せる事ができました。

ポスターセッション会場に到着したらまず
スチール製の「ベース」(土台)をパネルを立てたい場所に仮置きします。

ベースを設置した写真
パネルの幅に合わせて置いていきます

 

ベースを並べた写真
きれいに並んでいます

次は「ベース」にアルミ製の「ポール」(支柱)を差します。
そして支柱に「パネル本体」をパチンとはめます。

パネル設営中の写真
先ほどのベースにポールを差し込み、パネルをはめていきます

 

パネル設営中の写真
1列並べ終わった時点の様子です

「パーテーションパネル2190」を3列(8枚連結・8枚連結・9枚連結)に設置しました。

パネル設営中の写真
すべてのパネルの設営が終了です

最後にポスターを貼る時に使用する「ダルマ画鋲」をステンレス製の「カップ」に入れて「ポール」に付けて行きます。

画鋲が必要な時はご注文時にお申し付けください。(無料です!

画鋲カップの写真
ポスター貼り付け作業の効率が格段に上がります

 

エレベーターが大きいと搬入作業が早いです

パネル搬入中の写真
とても大きなエレベーターで、一度に搬入できました。

今回「パーテーションパネル2190」25枚の搬入と設営にかかった時間は
1時間5分とかなり早く作業が終了しました。
搬入口の状況やエレベーターの大きさ等によっては時間がかかってしまう場合もございます。

「パーテーションパネル2190」の1枚のサイズは幅90㎝×高さ210㎝です。
他にも色々な「種類」と「サイズ」のパーテーションパネルを取り揃えております。
今回、設営(組立)は弊社スタッフがいたしましたが、撤去(解体)はお客様でされました。
弊社では「商品の搬入搬出」と「商品の設営(組立)撤去(解体)」の費用に分かれておりますので、段取りやご予算に合わせてご利用ください。
また、弊社までパーテーションパネルを取りにご来店いただけましたら商品代金のみでレンタルしていただけます。

気になられた方はホームページをチェックしてみてください♪

また、今回紹介いたしました90cm×210㎝のパネルはこちらのページからどうぞ。

 

よろしくお願いいたします!

またのご利用をお待ちしております。

有孔ボード(穴あきパネル)に関して

今回は「パーテーションパネル・有孔ボード(穴あきパネル)」という商品をご紹介
させていただこうと思います!

「パーテーションパネル・有孔ボード(穴あきパネル)」はパネル本体にたくさんの穴が空いているパーテーションパネルです。サイズは3種類(高さ1800×幅900mm・高さ1800mm×幅1200mm・高さ2100mm×幅900mm)あり、色は2色(シルバー)あります。

全部の写真を撮ってみました。
左から「有孔ボード(シルバー)1890」「有孔ボード(白)1890」「有孔ボード(白)1812」「有孔ボード(白)2190」です。

有孔ボードの写真
4種の有孔ボードがあります

次はパーテーションパネル・有孔ボード(穴あきパネル)の組み立て方をご紹介いたします。
まず最初に鉄製のベース(土台)をパネルを立てたい場所に仮置きします。

ベースの写真
はじめにベースを用意します

 

 

ベースの写真
パネルの幅と合うように配置します

次はベースにアルミ製のポール(支柱)を差します。
ベースにポールをセットした写真

 

 

 

 

 

そして支柱にパネルをパチンとはめます。

パネルを1枚取り付けた写真

 

 

 

 

 

 

近くで見るとこんな感じです。

パネルを近くで見た写真

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左右に支柱をはめると「有孔ボード(シルバー)1890」の完成です。
ポールにパネルをセットした写真

 

 

 

 

 

 

 

 

2枚目は「有孔ボード(白)1890」を連結させてみました。

シルバーと白で雰囲気が変わります
白とシルバーの有孔パネルの写真

3枚目は「有孔ボード(白)1812」を連結させてみました。
高さは左の2枚と同じですが、幅が300mm長い1200mmあります。
サイズの違う白パネルの比較写真

4枚目は「有孔ボード(白)2190」を連結させてみました。
高さが左の3枚より300mm高くなりますが、ポール(支柱)を300mm高い物を使用すれば
高さの異なるパネルでも連結する事ができます。
有孔パネルの比較写真

シルバーの色の違いをアップしてみるとこんな感じです。
有孔パネルを拡大してみた写真

 

 

 

 

次は「つり下げ金具(有孔ボード用)」と「ピクチャーハンガー」を付けた写真です。

「有孔ボード(シルバー)1890」に「つり下げ金具(有孔ボード用)」、「有孔ボード(白)1890」に「ピクチャーハンガー」を付けています。

ピクチャーハンガーの写真
ピクチャーハンガーの大きさが分かるようにメジャーを置きました

 

 

有孔パネルにピクチャーハンガーを取り付けた写真

 

もちろん1枚のパネルにどちらも同時に使用する事ができます。

ピクチャーハンガーの写真
額縁に入った絵や写真を簡単に飾ることができます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他にも色々な「種類」と「サイズ」のパーテーションパネルを取り揃えておりますので

ぜひホームページをご覧ください。

また、こちらで紹介した有孔パネルのページはこちらよりどうぞ♬
よろしくお願いいたします!