面接会場での透明パーテーション

就職面接会場で透明パーテーションをご利用いただきました。

今までは一つ一つのブースに区切るため、定番のヴァンテアンパネルをご利用いただくことが多かったのですが、この情勢で定番パーテーションにプラスして透明パーテーションをレンタルしていただくことが多くなりました。

今回は、面接会場で面接官と受ける側との間に透明パーテーションを設置。
会話をするためパーテーションを少し浮かした状態で設置していきました。

このように隙間を作ることで履歴書や会社案内などの資料の受け渡しも可能になります。

テーブルやイスは会場内の物を使用しました。
このように現地会場にある机やイスを組み合わせた会場づくりもサワムラレンタルでは承っております。

会場の規模や用途に合わせてパーテーションの必要枚数が変わってきますので、是非お問い合わせください。

 

コロナ禍の中で工夫して行われた作品展

今回は、今まで我々があまり経験したことのない状況の中でも子供たちの為に頑張って作り上げた保育園の作品展のお話です。

 

現在、多くの施設では今年の世界的な感染症の流行により、例年行われていた主要イベントが中止になってしまったり、縮小されたりと難しい判断を迫られています。

こちらの保育園でも入園式はじめ、夏のプール開き、運動会と様々なイベントが中止、形を変えての開催となりました。通常なら日程を決めて例年通り行えばスムーズなところが全て何かしらの対策を行う必要があるのです。

そんな中、大阪府内の保育園で例年行われている「作品展」で使用するため、高さ2100mm×横900mmのパーテーションを15枚レンタルしていただきました。

色は定番のグレーです。

現地でレーザー距離計で距離を測って
レーザー距離計

必要枚数を算出し、商品を届けました。

こちらの保育園では、例年期間を定めて保護者が自由に出入りして観覧できるようになっていましたが、今年は、だれが、どの時間に観覧するか予め決めた状態で作品展が行われることになりました。
↓イメージ図

日にちと時間をあらかじめ決めての観覧となった

 

作品展は約1週間開催され、それまでにパーテーションに多くの作品が飾られました。

園児たちが日ごろの保育の中で書き溜めた絵がきれいに飾られていました

保育園の中で一番大きなホールの半分を使用した展示スペースとなりました。
展示スペース横にはたくさんの机やイスが置かれています。

ホールの約半分を使って展示スペースとなりました

パーテーションは、展示と共に空間の間仕切りとして、作品展にはもってこいの商品です。

 

作品展入り口

出入り口には、アルコール消毒が置いてありました。

弊社のパーテーションは、画びょうが使用できる商品ですが、保育園なので画びょうを使用せずに展示してありました。

 

沢山の作品が飾られています。

 

圧巻の展示作品です。

パーテーション上部からS字フックを使用してぶら下げています。

保育園の中の壁も効率的に使用して作品展示をされていました。

 

クラスごとに作品展示の内容が違い、とても見ごたえのある作品ばかりでした。

 

空間を仕切っているため、ブースの中では大きな空気清浄機も設置されていました。

大型空気清浄機

 

今回はありがたいことに展示中の写真を撮ることができました。
展示方法などもとても参考になり楽しい現場でした♪

コロナ禍で、日常が変わりつつありますが、子供たちの日々の成長が見てとれる作品展は中止したくありません。そんな時は、パーテーションをレンタルして感染症対策をしっかりと行い実施してみてはいかがでしょうか。

こんな状況の中でも私たちの商品が少しでも何かのお役に立てることをうれしく思っています。

★今回ご利用いただいた商品はこちら★

パーテーション2190

★感染症対策にお勧めの商品はこちら★

透明パーテーション(飛沫感染防止パネル)
感染症対策商品ページ

 

 

 

 

透明パーテーションのご紹介★

自粛疲れがでてきたここ最近、皆さんどのようにお過ごしでしょうか。
大阪では緊急事態宣言の解除に向けて動き出しましたね。
このまま新型コロナウイルスの終息と、経済が動き出すことを願うばかりです。

やはりこのご時世、飛沫感染防止アイテムとして「仕切り」の問い合わせが多く弊社では、以前に一度ご紹介した「透明パーテーション」を復活させることとなりました。

透明パーテーション
透明度の高いクリアなパーテーション

透明パーテーションももちろん横置き(横向き)、縦置き(縦向き)にもなる商品ですが、特に横向きに使用した↓のような使用方法のニーズが多い商品です。

応接セットと透明パーテーション
しっかりと自立しほぼ転倒の恐れもないサワムラレンタルの透明パーテーション

応接ルームでの使用には特におすすめです。
透明度が高く相手の顔がひずむことなくきれいに向こう側が見えます。
画像の透明パーテーションの大きさは、高さ1500mm×横幅900mmを横向きに設置しています。落下防止金具もきちんとつけてずれ落ち防止も行っています。

 

また、事務所内での設置もお勧めです。

透明パーテーション
事務所内で向かい側からの飛沫感染を防止する透明パーテーション
透明パーテーションで仕切っている事務所
事務所内では相手の顔がはっきりと見えることでコミュニケーションも取りやすいのでお勧めです。

今回は、弊社事務所にて撮影しましたが、新型コロナウイルスにより今後はガラッと生活様式がかわり、今までの日常通りではいかなくなってきます。
イベントの開催も現在のところ、自粛が続いています。
スーパーや百貨店の受付やレジで見られる透明のビニールシートを覆うことで飛沫防止にもなりますが、
短期間開催される「就職説明会」会場や「商品説明会」会場、「ポスターセッション」会場で使用する事で更に美しいレイアウト、ビジュアルとなります。

自粛明けに会場セッティングをお考えの方は是非ご検討ください。

今回ご紹介した透明パーテーションを詳しくお知りになりたい方はこちら

 

 

システムパネルであるヴァンテアンパネルを使った就職説明会用ブース

ブースを作る。

それは、システムパネルで作ることができます。
システムパネルとは、支柱とパネルと分かれる簡易パネルのことです。代表格としては「オクタノルム」でしょうか。

大きな会場、例えば東京では「ビッグサイト」、大阪では「インテックス大阪」で展示会やイベント、商談会、即売会などが行われる際に各企業が構える展示ブース、現在はほとんどが「オクタノルム」です。
オクタノルムで作ったブースはとても近代的で美しく、天井の高い大きな会場では見栄えのするシステムパネルです。こういった場所では、絶対に「オクタノルム」がおすすめです。
しかし、サワムラレンタルでは、この「オクタノルム」は取り扱っておりません。便利でニーズもたくさんありますが、造作のような部分があり準備段階から設置、撤去まで時間がかかり私たちはレンタルとして取り扱うことをやめました。
その代わりに私たちは、「ヴァンテアンパネル」という商品のみの取り扱いをしています。このシステムパネルも、「支柱」「土台」「パネル」で1セットとなっており、「オクタノルム」との最大の違いは、簡単に設置できるということ。
もちろん、見た目は「オクタノルム」より劣ります。
が、使用用途によって、例えば小規模から中規模の会場や場所で「ヴァンテアンパネル」が活躍する場面があります。今回はいつも「オクタノルム」を使ってブース作りをしていた方に「ヴァンテアンパネル」をご提案したいと思います。

 

ヴァンテアンパネル、

その最大の特徴はなんといっても「簡単」であること。パネル本体、ベース、ポール、この3点を使用して組み立てが完了。1枚30秒で組み立てができます。私も実際に組み立てるときに測ってみると27秒で組み立てが終了。簡単だなと感じることができました。

 

2点目の特徴、それは「軽量」であること。レンタルのご予約をいただく時には設営、撤去も弊社にご依頼いただくことがほとんどですが、お客様ご自身で組み立てするので商品だけ貸して欲しいという方もおられます。そんな時には軽量であることはとても重要です。取り回しも比較的簡単です。

 

3点目の特徴は、「レンタル価格が安い」ということです。弊社ではご利用日数ごとにレンタル単価が決まっており、1日から3日間のご利用の場合同価格、4日から7日間のご利用の場合も同価格、それ以降1日ごとに加算するシステムです。

 

4点目の特徴は、様々な用途に利用できる点です。ブース、間仕切り、展示用、ポスター貼り付け用として多様に使うことができます。パネル本体の表面は画鋲の使用が可能なため、ポスターセッションや学会での御使用にも適しています。

連結はもちろん、パーテーション本体を縦向きにも横向きにもできます。その例がこちらの写真です。

 
 

就職ブースの例①

ブースの写真です。ブースで特に多い就職説明会会場を模した形を弊社で作ってみました。

企業の担当者が座る席が奥側のテーブルがある方、就活生が手前の6脚並んだ椅子側に座る形です。合同企業説明会などで一つの企業に与えられるブースの例です。

背面のパネルを横向きにして足元は地面から上げている状態。サイドのお隣ブースとの間には縦向きにパーテーションを配置しています。背面パネルは1枚、サイドには2枚ずつを配置しています。就職説明会の会場ではこの形式が多いようです。

 

このブース内の椅子やテーブルの並びを変えずにパーテーションの数量だけを変えた場合、次のようなデザインとなります。

 
 

就職ブース②

こちらは背面パネルは横向き1枚を変えずに、サイドのパネルを1枚ずつにした場合のデザインです。見た目が結構変わりますね。でもブースとして隣との仕切りはきちんとできています。この場合、就活生が隣のブースの人の出入り具合が見えやすいというメリットもあります。

 
 

就職ブース③

こちらは背面バックのパネル、サイドのパネル共に横向きにして作ったブースです。パネルのサイズは1200mm✖️1800mmです。

パーテーションを横向きにするか、縦向きにして配置するかによってこんなにも見た目が変わり、また必要なパネルの枚数も変わってきます。

 
 

これまでご紹介した3枚の写真、いかがでしたでしょうか。
合同企業説明会の場合、このようなブースが多い場合には合計100ブースを超える場合もあります。
その場合、1ブースで2枚のパーテーションを削減できた場合、単純計算で100枚、レンタル価格にして30万円ほど変わる場合もあります。

 
 

ブースをどうデザインするか。

ヴァンテアンパネルはレイアウト次第で枚数を減らしたり増やしたり簡単にできるシステムパネルです。

会場の大きさや収容人数によって必要なパーテーションの数量は変わってきます。

初めて会場の担当を任された方、今までオクタノルムやアルファパネル、木工パネルを利用していた方でヴァンテアンパネルを今回試してみようかなと思った方は是非、ご相談ください。

 

今回ご紹介した就職説明会で使用するパーテーションの商品詳細はこちらからご覧いただけます。

パーテーションの撮影会⭐️

みなさん、こんにちは。

毎日どの様にお過ごしでしょうか。毎日、コロナコロナで気が滅入ってきますよね。

自分たちでできることと言えば、「3密」を心がけ、むやみやたらと出掛けない、手洗い、うがいを遂行する、規則正しい生活を心がけ、栄養をしっかり取ること。そんなところでしょうか。
我が社は、イベント、展示会設営を多く行っていますので、昨今の情勢にかなり左右されています。レンタル業者なので仕方ないですね。命の方が大事ですもん。

さて、そんな最中、私たちはパーテーションの掲載写真のリニューアルを考え、撮り直しを行っています。まずは、「ホワイトボードパーテーション」の撮影です。

ホワイトボードパーテーション単独の画像
きれいに撮れましたが、蛍光灯の明かりが。。

ホワイトボードパーテーションは、表面がホワイトボードなので、ツルッとしています。写真映えはとても良いのですが、これがちょっと曲者なんです。表面に鏡の様に物が映り込んでしまうのです!!これは、困った。。。現在、ウェブサイト上で掲載している画像もかなり苦戦して撮った写真です。が、少し、加工しています。どうしても反射して物が映り込んでしまいます。

ホワイトボードの表面の美しさを撮りたいのですが、いらないものまで映り込んでしまう。→加工するしかない、となります。そこで、今回は、撮影場所を変えてみました。

いつもなら商品を保管している倉庫内で撮影キットを持ち出して撮影したり貸し会議室で撮ったりしていましたが、今回は事務所内で撮影会をしてみることにしました。すると、、、、、

 

美しい!!!!!!!写真が撮れたではありませんか!!

 

と、思ったら、どうしても蛍光灯の明かりが反射して、ダメでした。。。

これは社内に蛍光灯がたくさんあり、一部分だけ消すなども出来ない場所だったのでどうにもこうにも笑  結局一緒でした。が、この際加工もせず、ホワイトボードの質感を大事にするということでこのまま掲載予定です。どうやったら美しく映り込みなく撮れるんでしょうか。(誰か教えて)

 

はい、そして続きまして「ミラーパーテーション」の撮影です。
難易度高めです。そう、ホワイトボードよりももっと。

 

こちらも事務所の中で撮影。正面から撮るともちろん、自分が鏡に映り込みN Gです。

さて、どういうアングルから撮りましょうか。。

斜めから、自分とカメラが映り込まない様に角度をつけて。

ここからミラーパーテーションと私の戦いです。

 

パーテーション以外、バックに映り込んでいる物はあとで切り取りますので映っていても問題ありません。問題は、ミラーの中に写る物体です。

パーテーションのミラー部分がどの様に見えるのか、それを見せるために敢えて映り込ます、ことも考え撮影していきました。ありがたいことに、倉庫よりも事務所内の方が壁紙デザインが凝っていましたので案外良い写真を撮ることに成功しました。

ミラーパーテーション単独の画像
事務所の壁紙を敢えて入れてみました。

 

ほら、きれいですよね。

壁紙がレンガ調のため、はっきり言って「映え」てます。

ついでに応接セットも写ってますが、ミラーパーテーションのミラー部分の見え方の参考にもなるのではないでしょうか。

結構気にいっています。

 

写真を1枚撮るのにもこれほど大変なのかと思い知らされる商品です。

製品の良い部分を少しでもお客様に画像を通してお伝えできればと思います。

 

ホワイトボートパーテーションは、企業の社内研修会や会議などで複数枚をレンタルしていただくことの多い商品です。

弊社のホワイトボードパーテーションは、オリジナル製品のため、ボード部分だけを回転させて裏面が使用できる商品ではありません。裏面を使用する場合は本体ごと、くるりと回転させる必要があります。ご注意ください。ホワイトボードパーテーションに関する情報をご覧になる場合は、こちらからどうぞ。(弊社ウェブサイトに飛びます。)

ミラーパーテーションは、主に学校やダンスイベント(社交ダンス、ヒップホップなど様々なジャンル)にレンタルしていただくことの多い商品です。ミラーパーテーションの注意点は、鏡ではない事です。表面は鏡面仕上げとなっており、鏡のように全くそのままが映る仕様ではありません。レンタル商品として利用いただくので、耐久性を持たすために、割れない素材となっております。
鏡仕様のミラーパーテーションに関する情報はこちらからどうぞ。

 

今はみんな我慢の時です。健康第一。少しでも調子が悪いと健康であることがとてもありがたく感じられます。おうちでできることを探して快適に過ごしましょう。

早くこのウイルスとの戦いが終わります様に。。。。

私のお勧めしたいパーテーションパネルの使い方

今回はご依頼をいただき現地会場で設営を行った際に撮った写真を紹介します。

 

まずは我が社の営業スタッフ、Tさんの選んだ写真2枚です。

まず1枚目。
パネル3枚連結です。使用用途はポスター発表。
今回の使い方はパネルを天井近くまで上げているので、展示ポスターに照明が当たりやすく展示する位置も高く目線近くで見やすくなっています。足元は隙間が空き開放的です。パーテーションの支柱には画鋲ホルダー(ポスターセッション画びょうセット)を取り付けることも出来ます。

パーテーション3連結
パネル下空き開放的

続いて2枚目。
パネルをT字に並べています。真ん中に十分なスペースの通路が確保されています。
このようにT字型に配置するだけで仕切ることができ、且つたくさんのポスターを掲示できるので通路を大きくとることができました。

会場通路
ポスターセッション会場の写真

 

 

続きまして、営業スタッフWさんの選んだ写真をご紹介します。
パーテーションパネルが10枚連結や8枚連結できれいに並んでいます。大学やホテルなど、ご使用場所が変われば雰囲気も違います。各支柱に画鋲ホルダー(ポスターセッション画びょうセット)を付けたり1個飛ばしで付けてもいただけます。

パネル10枚連結
パーテーション2190 10枚連結
パネル2190連結
パーテーションパネル2190 8枚連結

そしてそして3枚目。
大学内でご使用頂いた連結パーテーションパネルです。パネルの下が空いているのでオレンジのカーペットが映えています。足元が300㎜開くことでこんなにも圧迫感なくご使用いただけます。

ポスターセッション
パーテーションパネル連結 下空き

 

 

最後に、営業スタッフkさんの選んだ写真のご紹介です。

こちらはパーテーションパネルで会場をセミナーと展示ブースに分けるためにパーテーションパネルを使って間仕切っています。

間仕切り
会場の間仕切り

そして2枚目。
展示台付きパーテーションです。
たくさんの穴が開いている有孔ボードは、専用のつり下げ金具(有孔ボード用)にたくさんの商品をつり下げて展示していただけます。定番のパーテーションパネルでのご使用も可能です。

展示台
展示台付きパーテーション

以上今回は弊社の営業スタッフによるお勧めの使い方をご紹介しました。
弊社ではパーテーションパネルの種類を豊富に、そして商品は自社で管理しておりますので、在庫数が多いのが特徴です。
使用用途や使用する場所によってお勧めのパーテーションパネルも変わってきますので、是非お気軽に問合せください★

弊社のパーテーション専門サイトはこちらからご覧ください。
直接メールでお問合せの方はこちらをどうぞ。
お電話での問い合わせは、0726925900へどうぞ。

HPにのっていないパーテーションの事

 

今回は、HPにのっていないこと、応用編をお知らせしたいと思います♪

えー!そんなことできるのー!、知らなかったー!と驚くこと間違いなしです。

 

まずは、パネル編

①パーテーションと壁や柱などの間をすきまなく仕切りたい場合、半円ベースを使用して壁に近づけることができます

半円ベースを使うことで、より柱に近づけることが出来ます
木箱の中に半円ベース
半円ベース

 

②パーテーションパネル2190を横置きで、ポールの長さをH1800で使用できます

高さ2100のパネルはポールの長さ2100でないとダメだと思っていませんか?

横置きのパネルの高さを低くしたい場合は、ポールの長さを変えることで、対応可能です。また、逆に高くすることも可能ですが、天井に当たらないように注意することが必要です。

 

③掲載されている商品のトビラ以外は販売することができます

サワムラレンタルってレンタルの会社だから、パネルの販売なんてやってないよね~ってあきらめていたあなた!

実は掲載されている商品のトビラ以外は、販売もしております。

ぜひお気軽にお問合せ下さい。

 

④ポールとベースのサイズと、その使い方。300ベース、400ベース、半円ベース、各種ポールの長さ

ポールの長さはH900ですと、900㎜ですので長さ90㎝となります。

他のポールも同様です。

ベースの直径は、φ300ですと、300㎜ですので直径30㎝となります。

同じくφ400の場合は直径40㎝です。

半円ベースは形がちょっと特殊ですので、下記の図をご覧ください。

半円ベース寸法

先ほどお話した通り、半円ベースは壁に、より近づけたい時に使います。

 

例えば幅900mmのパネルを2枚連結すると、間にポールをはさみますので、実際の幅はパネルの幅+ポールの幅+パネルの幅となりますが、ベースも含めた寸法はどうなるでしょう?

まず、下記の図をご覧ください。

幅900㎜パーテーションとΦ300ベースを含めた寸法図

 

このように、パネル1枚でご使用の場合でも、ベースからベースの幅は1240㎜つまり124㎝となります。2枚なら2180㎜(218㎝)

下記もご参照下さい。

幅900㎜パーテーションとΦ400ベースを含めた寸法図
幅1200㎜パーテーションとΦ300ベースを含めた寸法図
幅1200㎜パーテーションとΦ400ベースを含めた寸法図

ぜひご参考下さい。

 

⑤パーテーションのサイズ、方向と、ベースのサイズの関係

パネルは、それぞれ縦置き、横置きができます。

2190パネル

2190のパネルですと、縦置きの場合はφ300のベースを使う場合でも、横置きにする時は地面から1200㎜空間ができるので、φ400のベースを使い更に落下防止金具を取り付ける必要があります。

大きなパネルをご使用になればなるほど、また、パネルを高い位置にすればするほど、不安定になりますので、大きいベースの使用や落下防止金具が必要になります。

落下防止金具

 

そして、その他編

①建築図面を頂けるときれいな図面を作ることができます

パネルのレイアウトをどうしようか悩まれているお客様、そんな時はサワムラレンタルに建築図面やレイアウトのご希望をいただきましたら、弊社のベテランスタッフが図面を作成させていただきます。

レイアウト
弊社スタッフによる作成したレイアウト

 

②大きなイベントの際、電気工事や看板等も準備することができます

床の配線①
床の配線②
床の配線③
パネル裏側の配線
吊り看板①

吊り看板②電気工事は、会場の規模やブースの数などにより追加料金が異なります。

看板も、大きさやデザインにより料金が異なりますので、ぜひお問合せ下さい。

 

③搬入経路を養生することができます

搬入経路がせまいから壁や床に傷がつかないか心配・・と言っているそこのあなた!

ご希望が有りましたら、弊社にて養生させていただきます。

エレベーター養生

 

④納品時現金でのお支払いも可能です

弊社では、事前振込み、請求書払いが可能ですが、現金支払いにも対応しています。わざわざ振込みに行くのも大変。そんな時は、納品時に直接現金にてお支払いいただける納品時現金をぜひご利用下さい。

 

⑤回収時間などが多少前後しても当日の配送に余裕がある場合に限り対応できます

配達時間、回収時間は基本的に当日変更できませんが、どうしてもの場合、ご相談下さい。できる限り対応いたします。ただし、配送に余裕がない場合はご希望に添えないこともございますので、その旨ご了承下さい。

 

⑥会場の備品移動・設置等もできます

会場として使う会議室や食堂には、元々いすやテーブルが置いてあるものですが、そこを会場として使用する場合、移動させるのも一苦労ですよね。しかも、撤去してまた元通りに配置しないといけない・・・。

そんな時は、費用はかかりますが、弊社にて移動させていただくことも可能です。 移動前に写真を撮って、使用後はその写真を見ながら元に戻していきますので、安心ですね!

以上、今回はHPにのっていない事をご紹介させていただきました。

パーテーションに関してご不明点がある場合は、お気軽にお問合せ下さい。

 

パーテーションのお届け時に私たちが注意していること

パーテーションのレンタルを探している方は様々な理由で商品を探しています。
ポスターセッションに関する商品の手配を任された方、就職セミナーの会場担当の方や作品展や個展を開催される方などはもちろん、目隠しや仕切りとして使用される方もおられます。
弊社のパーテーションはベーシックなグレー色のパネルからカラフルなパーテーションまで種類が多くまたサイズ展開も豊富です。その会場の雰囲気に一番合った色合い、サイズがきっとお選びいただけると思います。

 

さて、今回はレンタルのご注文を頂く皆様に商品以外に知っておいていただきたい搬入搬出時のことを皆様にお伝えできればと思っています♪

まずは、
会場へ納品に伺うときの駐車スペースのお話です。
通常レンタル商品のお届けにはトヨタのハイエース(一般的にバンと呼ばれている車)で伺います。

当社では様々なデザインのハイエースがあります。車体ボディにパーテーションの写真を載せています。

こちらのハイエース、車高は2.24mです。

打ち合わせを行ってから見積書を作成するときに、搬入する会場に車高制限があるか、ある場合はこのハイエースが入る高さなのかを調べたうえで当日は伺うようにしています。
もし車高制限で車の進入ができない場合にはレンタル商品だけを軒先に下ろし、近くのコインパーキングへ駐車をしに行くようにしています。

また、場所や建物の構造上により搬入出に時間がかかったり時間制限がある場合には、通常1名でできる案件でもできない場合があります。たとえば、予め会場が2階以上で階段による搬入出の場合や、荷捌き場から会場までのルートが長い場合などその場合は、お客様に予めお伝えし人員を増やす場合があります。

 

さて、車が無事駐車できれば次は会場までのルートの確認です。
荷捌き場から会場となる部屋までのルートを一度確認していきます。

その際に、台車がきちんと通れるか、狭いところはないか、天井が低いところはないか、エレベーターには台車にパーテーションを積んだまま乗せることが出来るか、人の出入りが多く大きな物を搬入するには危険ではないかなど。
もし、台車に積んだパーテーションが通れない場所があれば、そこで一度下ろし積み替える事になるので、その分時間を逆算していかなければなりません。現地に行ってみるとパーテーションの搬入出段階で時間がかかる場合があるので、余裕をもって会社を出発しています。
また、貸会場や新築のビルの中でパーテーションのレンタルをご依頼いただいた場合、部屋まで運ぶルート上やエレベータ内を養生するように施設側から言われる場合があります。
そんな場合でも弊社にお任せください!
事前にお伝えいただけますと必要箇所に養生を致します。

 

次は商品に関することです。
先ほど紹介しました「ハイエース」には、
高さ1800mm×横幅900mmのパーテーションが45枚まで積載できます。
これよりも高さが300mm長い、高さ2100mm×横幅900mmのパーテーションでも45枚まで積載可能。
大型キャスターパネル1連(横幅900mm×高さ1890mm)の場合はキャスターがついている状態で20枚まで乗せることが出来ます。この移動式のキャスターパネルに関しては運搬の際キャスター部分が干渉しますので、レンタル数量が20枚を超える場合には積み込む際にキャスター部分を外して車に乗せ、現地でキャスター部分だけを取り付けるようにしています。

 

続いて、弊社のオリジナル!パーテーション専用台車(通称:黒台車)台車1台に付最大25枚までパーテーションを乗せて移動できます。

弊社オリジナル黒台車です
パネルを積むとこんな感じです。ポールも積むことができます。

通常は上記のようにパーテーションを横向きにした状態で台車を押して移動します。
しかし、会場となる部屋までのルートが長く、曲がり角がある場合にはパーテーションの長さ分以上の転回できるスペースが必要になります。そんな時は、天井までの高さが高い時下記のように台車に積んで押して移動します。

 

 

さて、会場に到着。
レイアウト通りの設営を行い、お客様に確認いただき微調整がある場合は調整し出来上がりです。このときに使用した台車などは、持ち帰ることがほとんどですが、撤去と搬出の時に時間制限があったりする場合には、お客様の了承を得て使用した備品や資材をバックスペースの邪魔にならない場所に置かせていただくこともあります。

 

最後にサワムラレンタルの車両のご紹介。
先ほどからご紹介していますサワムレンタルで一番多い車両は、
「ハイエース」です。

ほとんどの納品&回収はハイエースで伺います

シンプルな車もあります。

 

その他、大型キャスターパネル1連や2連、3連をたくさんレンタルされる場合やパーテーションのレンタル枚数が45枚以上で大量の場合には2t車や搬入出場所のゲートの高さが低い場合などにはこちらの車両を使います。

平型の車は、車高制限がある場合に活躍しますが、案件の場合には不向きです。「ダイナ」という車種です。
パーテーションのご依頼が多い場合に使用する車の画像
当社の一番大きな車はこちらのデュトロです。ゲート付きなので、大量のパーテーションのご依頼も可能です。

どれも結構派手な車です(笑)

最近ではほとんどの会場への搬入出時に、車両登録が必須となってきました。
時代の流れですね。セキュリティの観点から出入りする業者がきちんと登録申請されているか確認する必要があるようです。弊社でもお客様からご希望があれば、納入時、搬出時の車両登録情報をお知らせしています。伺う者の当社スタッフ情報などもお知らせいたしますのでお伝えください。

いかがでしたでしょうか。
パーテーションは大型の商品の為、天井が低い場所や会場までのルートが狭い場合もあるため搬入出時に時間がかかる場合があります。特に高さ2400mmパーテーションの場合にはしっかりと空間を間仕切りしたい時にご利用いただきますが、大きいので取り回しが困難な場合もあります。お部屋にキズが行ってしまってはいけませんので、十分注意しながら行っています。

沢山の現場に伺っていますので、どなたにも安心してレンタルしていただけます。

商品の詳細は、是非サワムラレンタルのホームページへ。

 

就職説明会やブース作りに最適!パーテーションの使い方や使用数による見た目

みなさんこんにちは!あたたかくなって、そろそろ春がやってきますね🌸

春といえば新生活。来年度の採用なども徐々に始まる時期ではないでしょうか??

合同企業説明会や採用面接の解禁がはやくなってきている現在では、すでに説明会採用面接セミナーの日程を組まれているご担当者様もいらっしゃるのではないかと思います。

そこで今回は今からの時期に大活躍する「ブース」にフォーカスを当てて
皆様にご紹介しようと思います!

前半では弊社のブースについて、「どんな形があるの?」「パーテーションのサイズによるイメージの違いは??」などなど写真解説付きで分かりやすく説明していきたいと思います。

後半では「あると便利な小物について」「実際の設営は?」などなどご利用にあたってお客様が役立つ情報をご紹介します。
ぜひぜひ最後までお付き合いのほどよろしくお願いします(^^♪


まずはじめに、ブースにはどんなタイプがあるの??ということをご紹介します。

ブースパターン1

パラペット付ブース

こちらは、高さ2400mm×幅900mmのパーテーションを側面に4枚背面に3枚、パラペットと呼ばれる上の細長い看板部分をご利用いただいた、一番ベーシックな形になります。

「ブース」といえばこの形。
LEDライト、イスとテーブルそしてテーブルクロスも追加レンタルしたパターンです。
もちろんパーテーション以外のライトやイス、テーブルも弊社でレンタルしております◎

こちらは合同企業説明会でご利用いただきました。横のブースとの間にパーテーションを配置するだけで境界をはっきりとさせることが出来ます。隣のブースの音や視界が遮られるので、説明を聞く側も企業様の説明に集中できるようになっていることがポイントです。
ブースの天井が開けているので光がさえぎられることはありませんが、LEDライトをご利用いただくことでよりブースの中が明るくなるのでおススメの形です。


ブースパターン2

ブースの形

こちらもよくご利用いただく定番の形です。

こちらは先ほどの写真にあった看板部分の「パラペット」なしバージョンになります。
実は写真のように「パラペット」がない状態でも社名看板(社名板)を取り付けることが出来ます。バックパネルとなるパーテーションの上部に取り付けます。

こちらの会場では背面のパーテーションが高さ210mm×幅1200mmと先ほどよりも大きいサイズのものを横置きにしています。

背面が1枚のパーテーションのためとてもスッキリして見えます

先ほどのブースではパーテーションを7枚使っていたのに対しこちらは合計3枚。ブースの大きさがコンパクトな分、使う枚数を半分以下に抑えられます。

またこちらでは、パンフレットや資料を設置できるカタログスタンドもご利用いただきました。企業説明会の参加者が気軽に資料を持ち帰ることが出来るので訴求効果も絶大です。


ブースパターン3

パーテーション横置きのブース

こちらは高さ1800mm×幅900mmのパーテーションを横にし、合計3枚で組み立てたものです。足元までパネルのある前の2つに比べ、隣のブースの声などは聞こえてしまう分、合同就職説明会など大勢の学生が出入りするような会場では、この形が各ブースの状況を遠くからでも見ることが出来るのでお勧めです。
パネル3枚でブースを完成させることが出来るので、なるべく費用を抑えたい方にも是非試していただきたい設置方法です

また、こちらでは床からパーテーションを浮かせる形(パーテーションの高さ1800mmと同じ高さのポールを使用)でご利用いただきましたが、高さ900mmのポールを使って背の低いブースを作ることもできます。その場合は目線が気になる点がデメリットですが、反面、とても開放感のあるブースを作ることが出来ます。

また、低いブースはお子様が参加するイベントなどでも活用いただくことが多く、
ブースの外からでも保護者の方がしっかりと見守ることができるのでそういったイベント会場では特におススメです。


ここから先はさらにシンプルなつくりのブースをご紹介します。

ブースパターン4

ブースの写真

側面のパーテーションをあえてなくすことで、隣のブースとの境目が無いつくりになっております。高さ210mm×幅900mmのパーテーションをご利用いただきました。

こちらはかっちりとした説明会などよりも、来場者が商品展示などのブースを次々と見ていくときに向いているブースかと思います。

また、受付としてこのようなブースをお使いいただくとき、
「関係者様・一般のご来場者様」「新卒者・既卒者」など受付の時点で振り分けをするときなど、複数の受付デスクが必要な場合にも最適です。

また、こちらのブースでは背面のみにパーテーションを使用していますが、反対に側面のパネルのみのブースを設営することも可能です。その場合は会場の壁面を利用し側面だけパーテーションを使用することになります。背面のパーテーションがない分、最も少ない2枚のパーテーションでブースを作ることができます。


ブースパターン5

ブースの写真

こちらは先ほどのブースとは打って変わり、四方をしっかりと囲みプライバシーが守られるようなつくりとなっております。そのため、大きな部屋をいくつかに分けての採用面接など、じっくり少人数で話しをしたい時などに最適です。こちらでご利用いただきましたパーテーションは高さ1800mm×幅1200mmの幅が広いワイドパーテーションでした。

さらに、写真では空いている出入り口の部分に扉を取り付ければ完全な個室にすることもできます。

扉をつけることでブースの内側を見ることができないためさらにプライバシーが守られます。


最後にご紹介する形はこちらです

ブースパターン6

ブースの写真

こちらは物販コーナーでパーテーションをご利用いただきました。

高さ2100mm×900mmパーテーションの縦置きと横置きの組み合わせ、パラペット、テーブルで構成されています。ブースの中に見えます棚(アングル棚)も弊社で取り扱っております。

企業説明会やセミナーからは少しはなれてしまうお話ですが、このような形のブースも弊社のパーテーションなら設営できますので何かお役立ていただければと思います。

以上が基本的なブースのバリエーションです。

今回ご紹介したブースは一例で、これ以外にも、パーテーションの大きさや枚数、色など自在にカスタマイズできます。

↓ ↓ ↓

写真2写真2

すべてのパーテーションを同じサイズでそろえる必要はなく、「側面の仕切りだけ低くしたい。」「バックパネルだけ色を変えたい」など数種類のパーテーションを組み合わすことが出来るのが弊社のパーテーションです。お客様のご要望にお応え致します◎

部屋の大きさや、イベントの規模に合わせて最適なものをお選びいただけたらと思います。

その際は部屋の大きさと必要なブースの数をお伝えいただければ弊社のスタッフが提案させていただくこともできますので、ぜひぜひお気軽にお問い合わせください( ^^)


最後にブースに関してのお役立ち情報をご紹介します

~テーブル、イス、などの小物について~

先ほども少しご紹介しましたが、弊社ではパーテーションだけでなくブースに必要な小物類もすべて取り扱っております。

弊社は説明会や面接等イベントのトータルプロデュースをさせていただきます!

・イス(丸イス、スタッキングチェア、パイプイス)

・テーブル(長テーブル、白テーブル、丸テーブル、白デコラテーブル)

・カタログスタンド

・ホワイトボード

などなど、いろいろな種類を取り揃えております。ここでは紹介しきれないものもございますので、ぜひこちらの「パーテーションと一緒にレンタルされる商品」のページをご参照下さい。


~社名サイン(社名板)について~

弊社ではブースの上に表示する社名サインの印刷も承っております。

スチレンボードという軽量の板に、高さ200mm×幅900mmと一般のコピー機ではできないサイズで社名を印刷することができます。お値段は2700円になります。

ご入用の際にはご注文時にお伝えくださいませ。

また、違うサイズでも承っております。お値段が変わってきますので、可能なサイズの場合は見積書にてお値段をご案内させていただきます。


~お客様自身での設営について~

比較的小規模なブースの場合、お客様自身で設営していただくことも可能です。

メリットとしては設営撤去費が不要となることや、会場の様子を見ながらお客様自身のタイミングで設置ができることです。(もちろん弊社スタッフによる設営の場合でもできるだけご希望のお時間に沿います)

特に、背面や側面のみのパーテーションを設営する場合や、パーテーションの足元をキャスターのものをお選びいただいた場合などは、簡易に設営できます。

キャスターのパーテーションは1連のものから3連のものまでございますので、最適なものをお選びください。

キャスターつきパーテーションのラインナップです

お客様で設営されるか、弊社に依頼するか、どちらの設営が良いか悩まれる場合もあるかもしれません。無理に弊社での設営を勧めることはございませんので、どちらが良いかご相談していただければ、専門知識のあるスタッフが最適なプランを提案させていただきます◎


今回は弊社で取り扱うブースについてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか??

ブースと一口に言っても様々なかたちがあります。ぜひぜひお客様の企画するイベントに合わせて最適なものをご利用いただけたらと思います!

「こんなブースの形ってできるのかな?」「会場の雰囲気にあったブースを知りたい」などなど、どんなことでもお気軽にお問い合わせください。

スタッフ一同、心よりお待ちしております!
最後までご覧いただきありがとうございました(#^.^#)

 

 

魅せ方いろいろ!パーテーションを使った作品展

皆さん、こんにちは!
今年度もあと少しとなりましたね。3月といえば出会いと別れ、卒業発表や卒業式など集大成の月といっても過言ではありませんね。
そこで今回は、絵画や写真、書道などの作品展についてご紹介させていただきたいと思います。
作品展をお考えの方は、今回の記事を参考にしていただければと思います。
今まで弊社で設営に行かせていただいた作品展を中心に、ご紹介していきたいと思います。

まずは、絵画展についてご紹介したいと思います。
展示作品

こちらの絵画展では、パーテーションパネル2190パーテーションパネル2112を使用しています。
”2190”とは、パーテーションパネルの高さが2100mm、幅が900mmということを指します。
同様に、”2112”とは、パーテーションパネルの高さが2100mm、幅が1200mmということになります。
パーテーションパネルは、使用用途によって「縦置き」・「横置き」と使い分けることが出来ます。
こちらの写真では、「縦置き」2枚、「横置き」2枚、計4枚のパーテーションパネルを使用しています。
「縦置き」のパーテーションパネルには、1枚の絵画が展示されていますね。
ゆったりとした空間に絵画を展示することで、絵画をダイナミックに魅せることが出来ます!

絵画展示会

こちらの写真も絵画展になります。
パーテーションパネル2112を使用しています。
先ほどの写真ではパーテーションパネル2112は、「横置き」で使用していました。
こちらの写真では、「縦置き」としてパーテーションパネルを2枚使用しています。
パーテーションパネルを置く向きによっても、すごく雰囲気が違いますよね!
パーテーションパネルを連結させて、作品を横並びにして展示していただく方法もございますが、こちらの写真のようにパーテーション同士を2枚1組で使用していただく方法もございます。

上記の2つのパーテーションパネルの使用方法について、弊社が考えるそれぞれの良さをご紹介致します。
まずは、1枚目の写真にございますように、パーテーションパネルを何枚か連結させてご使用していただく場合です。
作品がずらりと一列に並んでいますので、流れるように作品を見ていくことが出来ると思います。
また1枚のパーテーションパネルに何作品か展示していただけますので、多くの作品を展示していただくことが出来ると思います。

次に2枚目の写真にございますようにパーテーションパネルを2枚1組、もしくは1枚を単独でご使用していただく場合です。
2枚1組もしくは1枚を単独で組んでいますので、配置によって作品と作品の間に通路を作ることが出来ます
通路があることで、鑑賞していただく時に次の作品が見やすくなるというメリットもあると思います。
また会場が大きければ空間を広く使っていただけますので、ゆったりとお客様に観覧していただけるのではないかと思います。

どちらもとても素敵なレイアウトだと思います!
お客様のお考えになられる作品展に合うレイアウトを、弊社スタッフが一緒に考えさせていただきますので、レイアウトにお困りの方やお悩みの方は是非一度、弊社へお問い合わせください

次に写真展についてご紹介します。
写真展

こちらはパーテーションパネル2112を使用しています。
小さい写真を密集させて展示している写真になります。
パーテーションパネルの色がグレーで背景が目立ちませんので、色鮮やかな写真がとても映えて見えますね。

弊社では、グレーのパーテーションパネル以外にも様々な色のパーテーションパネルをご用意しております。
パーテーションパネル2112では、グレーの他にがございます。
パネルの写真

黒パーテーションパネルは、高級感があり淡い色などの作品との相性が抜群です!
高級感があることから、黒パーテーションパネルを作品展でご利用いただくことは多いです。
また弊社では、パーテーションパネルと一緒にスポットライトや蛍光灯などの照明類もレンタルしております。
会場の照明を少し暗くして、スポットライトを作品にあてればまた雰囲気が違う作品展になると思います。
展示会をお考えの方は、ぜひご検討くださいませ。

パーテーションパネル2112では、上記の色とキャスター付のパーテーションパネルがございます。
キャスター付のパーテーションパネルですと、移動がとても簡単ですのでお客様ご自身でレイアウトを変更することが出来ます。
またサイズが違うパーテーションパネルですと、白や青など様々な色がございます。
実際のサイズや写真が気になった方は、弊社のホームページをご覧ください。

最後に作品展についてご紹介します。

パーテーションパネル1890を使用しています。
こちらの写真・・・あまりパーテーションパネルが見えませんよね⁈
どこにパーテーションパネルを使っているのだろう?と思われた方もおられるかもしれません。
こちらは作品を背中合わせでテーブルに展示しています。
それを仕切るために、パーテーションパネルを使用しています。
ただ単にパーテーションパネルを壁としてご利用していただくのではなく、「横置き」のパーテーションパネルに布を掛けることで作品ごとの世界観を出すことが出来ます。

こちらのパーテーションパネルは、「横置き」でご利用いただいています。
先ほどの写真でも「横置き」が出てきました。
同じ「横置き」でも、何かが違うと思いませんか??
それは・・・・・パーテーションの位置(高さ)です。

展示作品

なぜパーテーションの高さが違うかと言いますと、使用しているポールの高さが異なるためです。
先ほどの写真は、2100mmのポールを使用しています。
「横置き」で使用していただくと下に少し空間が出来きます。
下に少し空間があることで、「壁」という圧迫感を感じることなくご使用していただけると思います。
作品展の写真では、1200mmのポールを使用しています。
ポールの高さが低いことで反対側の作品も目にすることが出来ますので、多方向から作品を見ていただくことに繋がります。
こちらのように、作品と同じ高さでパーテーションパネルをご利用になられたい場合は低いポールを、目隠しや目の高さに合わせてご利用になられたい場合は高いポールを準備させていただきます。
お見積り時にご利用用途やお客様のイメージをお伝えください。

水墨画

水墨画の展示会になります。
こちらのパーテーションパネルは有孔ボードパネル1890というものを使用しています。
パーテーションパネルに穴が開いていますので、フックを掛けて作品をつり下げることが出来ます。
フックも弊社のレンタル商品になります。

有孔ボードには市販のS字フックはご使用いただけませんので、弊社のつり下げ金具(有孔ボード用)をご利用いただくことが多いです!

では、有孔ボードでしかフックは使えないのか?と思われた方がいるかもしれません。
・・・・そんなことはないです!!!!
最初にご紹介させていただいたグレーのパーテーションパネルでも、こちらのフックではございませんが作品をつり下げることが可能です。

ピクチャーハンガーと言いまして、パーテーションパネル上部に取り付けて展示品の高さを自由に調節できる金具がございます。
こちらの商品も弊社でレンタルしていただくことが出来ます。
重さ5㎏までの展示品に使用出来ますので、パーテーションパネルのレンタルとご一緒にいかがでしょうか?

今回は、作品展についてご紹介させていただきましたがいかがだったでしょうか?
作品展といっても、様々なレイアウトがあり作品の魅せ方があります。
パーテーションの色、高さ、配置一つとっても雰囲気がガラッと変わります。
弊社の作品展でのレンタルの特徴としましては、パーテーションパネル2112を使用していただくことが多いです。
パーテーションパネルの面積が広い程、多くの作品を展示出来ますしゆったりとした空間で使用していただくことが出来ます!

写真にはないレイアウトを担当したスタッフも弊社には多く在籍しております。

お客様のご要望やイメージをお伝えいただければ、担当スタッフがお客様のイメージに合ったプランをご提案させていただきます。
作品展をお考えの方は、お問い合わせくださいませ!

スタッフ一同、心よりお待ちしております。
最後までご覧いただきありがとうございました。